読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなる日々

普段から考えていることや、ふと気づいたこと、日記とかをごった煮で紹介していきたいと思います。

【片付け】ただいま片付け中

片付け 磨き屋、掃除

久しぶりの投稿です。

少し寒くなってきましたが、まだまだ外に遊びに行くには気持ちいい季節です。

 

季節に逆行するように、最近は部屋に引きこもって片付けをしてます。

 

試験も終わって丁度やるべきことがひと段落したせいもありますが、最近探し物が多くなってきたのがものすごいストレスになってきたので、一度持ち物を見直そうと試みています。

 

以下の通り、片付けのマイルールがあります。

 

1.一箇所に集める。

   文房具なら、文房具を一箇所にまとめます。

 

2.複数持っているものは手放す。

   気づくと同じものを持っていることがあるので、そんな時は一つ残して手放します。

 

3.ときめかないものは手放す

   モノを持ってることで、自由を失います。

   なので、ときめかないものは、思い切って手放します。

 

4.過去の失敗を受け入れる

   買ったけど使わなかったものは、失敗したものです。失敗を思い切って受け入れて、手放します。

 

5.残すものは磨く、ラベリングする

  残すのなら、そのモノとは長いお付き合いが始まります。必要な時に気持ちよく活躍できるよう、汚れていたら磨き、見つけづらかったらラベリングします。

 

6.振り返らない思い出の品は、写真に撮って手放す。

   すごく難しいのです、思い出の品を手放すのは。ただ思い出の品を振り返れるように飾らないのなら、持っていることを忘れてしまい、ぞんざいに扱ってしまうだけです。

人は記憶力に限界があるので、全ての思い出を背負うことはできません。

そんな時は、写真に撮って、涙を偲んで手放します。

 

7.役目を終えた愛用品は、写真に撮って手放す。

  どんなに大切に使っても、モノとはいつか別れがきます。とはいえ寿命を迎えた愛用品を手放すのは 勇気がいります。

そんな時自分は写真に収めて、感謝を述べてから手放すようにしています。

 

7.壊れたモノは直す

   壊れたものを持っているのは、縁起が悪いので、直します。直すほどのものでない場合は、心を鬼にして手放します。

 

▪︎

 

最後に最近手放したものを紹介します。

 

グレゴリーのリュックサック。

 

もう10年位使っていて、こいつと色々なところに行ってきました。時に重たい荷物を抱え、時に枕になったりと、数多数の思い出を歩んできました。

 

が、もう壊れる直前だったので、泣く泣く手放しました。

今まで、楽しい思い出をありがとう!

f:id:naruhiko-tot:20161024220032j:image

f:id:naruhiko-tot:20161024220105j:image