読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなる日々

普段から考えていることや、ふと気づいたこと、日記とかをごった煮で紹介していきたいと思います。

【縁】自己紹介の流儀 話の内容を3つに絞る

自己紹介のコツの紹介、第2段。

 

今回は、何を話すかです。 

 

前提として、長くて3分の自己紹介の時間で、自分のことを理解してもらうのは100%無理!

なので、自己紹介の目的を「自分への理解」と思っているのであれば、考えを改めなくてはいけません。

 

自分が思うに、自己紹介は「会話の流れを無視して、新しい話題のネタを提供できる唯一の場」。 

自分が興味のあるネタを多くて3個、提供できれば十二分。

 

3つのネタを短い言葉で、がつんと言いましょう!

 

自分の場合だと、多いのは「カフェ」好き。「ピクニック」好き。「(今はまっている何か)」が好き。の3部構成で話すことが多いです。

残り時間に応じて、各テーマについて、エピソードを添えるようにしています。

そして大切なのは、その自己紹介が次の会話につながるようにエピソードを加えること。
本当は10個話たいことがあるのを抑えて、1個に絞ってエピソードとして紹介するほうが、その後のフリートークで話を振られたときに、会話を展開しやすいです。

1個しか語れないエピソードを自己紹介に使ってしまうと、フリートークで話を振られたときに、同じ話の焼きまわししかできなくなるので、会話がしぼんでしまいます。

ご注意を。

 

今まで何となく自己紹介してきた方は、次の会話につながるように、自己紹介を一度組み立ててみてはいかがでしょうか?