読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

つれづれなる日々

普段から考えていることや、ふと気づいたこと、日記とかをごった煮で紹介していきたいと思います。

ピクニックの種類 その2

今回は、シーンごとのピクニックの紹介です。

 

【シーンごとに分類】

1.お花見

  れっきとしたピクニック。桜の木の下で思う存分ピクニックを楽しんでください。

  若干冷え込む時期なため、暖かい飲み物が好まれます。

 

2.パークピクニック

  都会ではオーソドックスなピクニックだと思います。

  公園で開催するピクニック。気軽に開催できるのでおすすめです。

 

3.フォレストピクニック

  森の中で開催するピクニック。

  レジャーシートが敷ける場所を探すのが難しいですが、ぜひとも体験していただき

  たいピクニックスタイル。

  森の香りを存分に楽しみながら、過ごす時間が最高です。

 

4.オーシャンピクニック

  海辺で開催するピクニック。日差しが強いと疲れてしまうので、日よけの場所を確保したり、防塵対策が必要ですが、波の音を聴きながら楽しむピクニックもまた素敵です。

 

【シーンごとに分類 ※エクストリーム】

おそらくソロピクニックでないと楽しめないと思いますが、究極のピクニックをいくつか紹介します。

 

1.レイニーピクニック

  雨の中楽しむピクニック。

  雨音しか聞こえない静かな森を独占して楽しめる不思議なピクニック。

  レインウエアを身にまとっ楽しみます。普段の公園の違う一面が楽しめます。

 

2.ピクニック オン ザ ツリー

  木の上で楽しむピクニック。小さいころに楽しんだ木登りの向こう側にある
  ピクニック。

 

3.ハンモックピクニック

  ハンモックをはべらせながら楽しむピクニック。

  レジャーシートの上でごろごろするもよし、ハンモックの上でごろごろするも

  よし。

  丁度いい木を見つけるのが難しいですが、楽しいです。

 

4.スノーピクニック

  雑誌でしか見たことがないのですが、雪の上で楽しむピクニック。
  スノーウエアに身を包み、魔法瓶からあふれる湯気で頬を暖めるピクニック。
  いつかやりたいスタイルです。

 

外でお茶やごはん、お菓子を楽しむのがピクニックというのなら、色々な楽しみ方がきっとあると考えています。

 

100人いれば100通りのピクニックがあると思うので、ぜひとも色々なスタイルを楽しんでいただきたいと思います。